の敗因はただ一つだったグレープ

ご近所君に忘年会に誘われてママが社長で行きました。忘年会は夜7機会きっかけで、計画は9機会までの2間。家で夕食をとらないママの都合に合わせて、夕食が1間短くなりました。いつもは6時に食べするのに、5時に夕食となりました。その日は休みで、ピアノの開発を終えて夕食までの1間仮眠を取るつもりでしたが、一息つくたちまち夕食となりました。パパと水入らずのテーブル。トピックも何も無く黙々と食べると30分で食べ終わりました。パパは朝から健康のために散策を通して、次は農作業といった一所懸命働いてお疲れシーン。中枢を食べてビールを飲むとこれからうんざりだ。客席の上に顔つきを伏せて寝ていらっしゃる。お皿洗いはもちろん私の会社ですし、洗うのは好きな方なので喜んで受け継ぎました。洗い終わると未だに7時にもなっていません。パパはお皿洗いが終わったタイミングで「おやすみ!」と言って寝ました。我々1人の暇の序の口。お風呂は一年中おきになってあり、今日はお風呂のないお日様なのでじわじわできる。何を始めようか?昼間にバニラアイスを食べたからお菓子をやめて軽々しいムーブメントも決める。いすの乗り下りを5分だけやったらいつもの乏しい病み付きが。棚からお菓子を出してきてクッキーを5枚食べてしまいました。しばらくして眠気が襲ってきた。お菓子を食べすぎたせいだ。